読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーベリーシガレット

そうさ ぼくらの明日にキス

ジャニーズと憧れと嫉妬

※何故か挙げたはずの記事が無くなっていたので、再度挙げさせて頂きます。
お星様付けてくださっていた方もいたのにすみません。お星様、嬉しかったです。ありがとうございます。


なんでジャニーズが好きなんだろうってたまに考えることがある。

自分がなぜジャニーズを好きなのか、自分で自分用に考えてみようと思う。


新規自称ジャニヲタのただの自己分析です。


まず、わたしがジャニーズに求めていることは『憧れの対象であること』だと思う。

彼らはデビューしていてもしていなくても、伝統と歴史のあるジャニーズ事務所で活動している以上、可能性や才能を見出だされた“選ばれた”人たちだと思う。
それは、特にデビュー組は、事務所からだけではなく、天からも選ばれたんだと思ってしまう自分がいて、努力だけでどうにかなる世界ではないだろうと部外者なりに推測して、人前で輝く才能を与えられたんだと考えてしまう。

全部想像でしかないけど、血の滲むような努力をしているのだろうし、理不尽な思いにも耐えているのだろうし、納得できなくてもアイドルとして笑っているのだろうけど、それでも、“選ばれた”彼らがとても眩しい。

私自身の話をさせて頂くと、これまでごくごく普通の人生を送ってきた。勉強も運動も困るほど出来ないことは無かったけど、ものすごく得意だったわけでもない。回りのみんなが歩く道の横にわたしもおんなじような道を作ってその上を歩いてきた。リスクを侵してまで追いかけたい夢も無かったし、親の反対を押しきって何かを突き通したこともない。人並みに嬉しいとか悔しいとか悲しいとか負けたくないとか、思ったことはあるけど、ずっと“ありふれた”自分が嫌いだった。そういうことは人並み外れた努力をしてから言えって感じかもしれないが、自分が嫌いだった。わたしも選ばれたかった、なんて思ってしまう。


だから、“ありふれてない”、“選ばれた”彼らに憧れがあるのだと思う。

今まで書いてきたようにわたしは、『ジャニーズ』を“選ばれた”、『わたし』を“選ばれていない”と対極にあるものだと捉えているので、嫉妬心が生まれることもあるのだが、結局《憧れ》で収まるのは、彼らがわたしにとって異性だからだと思う。
女性アイドルだったら自分と比較しやすくて嫉妬心が勝ってしまうかなあと思う。
決して「わたしもアイドルになりたかった」とかではなく、ただ何かに秀でてる人が羨ましい。


わたしには17年間くらい付き合いがある幼馴染みがいて、その子は割となんでもそつなくこなして、勉強もいつもトップクラスで県内で一番優秀な高校行って、所属してた部活でもキャプテンでレギュラーでエースだった。何にも頑張ってないみたいな顔して、どんなこともスマートにこなしちゃうから、その子には小さい頃から憧れと嫉妬心を併せ持たされてたんだけど、そういう気持ちって、自分では上手く言葉に出来なくて、けれど、中学生のときに読んだ森絵都さんの『DIVE!!』にいたく共感したシーンがある。

トモはおれのこと、べつにライバルとも思ってないし、勝っても負けてもどうでもいいって顔してる。そんなやつにだけはおれ、負けたくねえんだよ。でも、テレビや漫画じゃ、いつも最後に勝つのはトモみたいな無欲のアホ面なんだよな

でもおれはずっと待ってたんだよね。いつかばりばりの、見る目のあるコーチが現れて、トモよりおれを選んでくれる。みんなの気づかないおれの才能を引きだしてくれる。そんなのをずっと待ってたんだけどさ、やっと現れたばりばりのコーチは、やっぱりおれよりトモを選ぶんだ

ここではわたしの言う“選ばれた”人がトモくんで、麻木コーチっていうやり手女コーチに見いだされて高飛びこみのオリンピックを目指すんだけど、この上記一連の発言者のトモくんの練習仲間はわたしが言う“選ばれなかった”人で、わたしと同じように嫉妬心を抱いてるんですね。

この発言ってトモくん本人に直接言ってるのに、「無欲のアホ面」って結構な言い方してるけど、何でもないみたいな顔してるトモくんが逆に気に障る感じ、よく分かるなあと思った。


わかるううう~!!!って当時なって、自分の部屋でこの部分だけ何度も声に出して読んで、メモ帳にメモしたことを今でもよく覚えている。

つまり同姓だと俄然嫉妬心が勝つ。フィールドが同じだから、負けてるって意識が拭えない。
でも異性ならそれが薄い。尊敬や憧れとして自分の中の理想像として持ってても苦しくない。


《憧れ》として、わたしが欲しくて欲しくてたまらないものを当たり前みたいに持って、それが同然みたいな顔して笑っててほしい。これくらい持ってて当たり前って世界を、彼らを見ているときは提供してほしい。
彼らを通してなら見れる気がする。それが見たいし、見れるって教えて欲しい。

それがわたしが見ている彼らの《輝き》なんじゃないかなって、最近思うようになった。


そんなのジャニーズじゃなくても他の芸能人でもいいじゃんって話だけど、それはタイミングというか縁というやつですかね!

ジャニーズさんがわたしに《憧れ》を提供してくれる間はしっかり夢を見させて頂こうかと思っている。


わたしがジャニーズ好きな理由暗いな!おい!暗いぞ!

簡単に言うとジャニーズのキラキラした世界がだいすきってことにさせていただきたい!



とかなんとか言って最初にジャニーズWESTに興味を持った理由は「面白いから」だけどね!
今までの話なんやねん!

ジャニーズWESTに失恋したい

失恋したいジャニーズランキングなるエントリーを何件か拝見し、ものすごく興味深く読ませて頂いた。

わたしもジャニーズWESTに失恋したい。

もし彼らがクラスにいたら確実にいわゆる一軍だと思うので、自然に気後れして仲良くなりたいとか思わないと思う。かっこいいとか気になるとかなんなら好きとか思ったとしても、キラキラ一軍女子の目が怖いので、決して近づかない。一軍女子との穏便で適当な一応の人間関係を気付くことを優先して、あんまり関わらないようにすると思う。

それでもそんなわたしにも「おはよう~」とか言ってくれたら泣く。いや泣かないけど、「今日桐山くんがおはようって言ってくれた」話を、そんなに気にして無い風を全力で装いながら各所でする。「そういえば今日桐山くんが~」って、いろんな人に言う。人に言いたくてたまらないやつ。



そんなわけでジャニーズWESTにレッツ失恋!

設定はまちまちです!


のぞむぅ

小瀧望くんにははっきりとじゃなくて、好意をさらっとかわされたい。

ほぼ告白ともとれるようなことを何回か言っていて、恋愛マスター小瀧が気付かないわけないだろって感じなのに、適当に笑って流される。
ふたりで遊ぼうって誘いは断らないし、回りからも『望くんと付き合ってるの?』って言われちゃったりもするのに、決定的な関係になれない!
もどかしいというかじれったいというか、そんなわけでもう好きって言おうって考えて、いやでも言えるかな~ってすごい悩む。っていうかこれまでのそれとない告白をかわされてるんだからあえて告白なんかしたって結果分かってるでしょ!無駄に傷つくことないよわたし!みたな感じで色んなわたしが顔を出す。でもそもそもなんで告白したいかって考えたときにこの微妙に期待持たされてる感じが苦しいんだよね、だからダメならダメではっきりしたいってことで、告白する!
思いきってはっきり『望のこと好きなんだけど、付き合ってくれない?』って言ったらまた「もっと他にええやつおるよ」って笑って流される。
断られてるのに、笑ってるから、もしかしたらまだワンチャンあるんじゃないかと思わされて、いつまでも諦められない!

付き合う気もないような女の子と適当に遊んでる望くん。掌で転がされたい。



流星くん

流星くんの回りには男女問わずいーっぱい友達がいて、その女友達とおぼしき方々の中には明らかに流星くんに対して好意を抱いている人が何人かいるけど、流星くんは気付いていないのかな…?
わたしは、もうその輝きが眩しすぎて自然に気後れして、好きだけど、好きなだけで良くて、気持ちを伝えたいとは思わない。好きなだけで十分。いつか好きじゃなくなる日まで密かに好きでいたい。
ある日、友達から流星くんに彼女が出来たって聞いて静かにショックを受ける。そりゃあんなにかっこいいんだから彼女のひとりやふたりいるよな~、ってなんとか頭で整理しようって頑張る。いやでも想像以上にショック…。
よし!流星くんより素敵な人見つけるために綺麗になるぞ~!って思わせてくれそう。

流星くんって少女漫画で言うと最後にヒロインとくっつくタイプじゃなくて、物語の超序盤に出てくる、ヒロインが憧れる、ヒロインを振るタイプの学校のアイドルかなと思う。

取り巻きの女の子の好意に気付いてる…?な流星くんは実は全然気付いてて、気づいた上で「お前に気はないよ」っていう、本人同士にしか分からない一線を引いた対応とかしてたらかっこよすぎて萌える。そこだけポンコツ要素無しなナチュラルモテ男感欲しい。


照史くん

面白くって、優しくって、気遣い屋さんな照史くんは、一番ではないけど、三番目くらいにモテる、日常にいたらそういう存在だと思う。わたしの友達にも何人か照史くん好きって人いるなあ、みたいな。わたしも好き。
ある日『照史くんに告白した~!』って友達の話聞いて、顔には出さないけど《え、え、うそやん、返事はどうなんだよこのやろう!》みたい気持ちになって、すごい焦る!そこでは友達は返事もらってないって言ってて、これはどうするよわたし!失恋か…?みたいな。数日後その友達が『返事はごめんだったけど、返事の仕方もすごい優しかった』って言ってて、まず返事がごめんだったことに一安心(友達ごめん。)。返事の仕方も優しいなんて照史くん…!もうますます好きになっちゃうじゃん!ってなって、だんだん返事はどうあれ好きって言ってしまいたい、ってなる。で、もう思いきって言う。『好きです』って言ったら、特に驚いた様子もなく(告白され慣れている)最初に「ありがとう」って言ってくれて、「でもごめん、付き合うとかは出来ないかな」みたいな感じで断られる。で、最後にもう一回「ありがとう」って言ってくれる。あの困り眉でな!

余計好きになってしまうだろうが!


淳太くん


淳太くんは、もともと普通に仲良くしてくれて、二人じゃないけど複数人で普通に遊んでくれる、みんなから慕われている先輩って感じ。わたしが淳太くんのこと好きかもしれないって思いだして、それを態度で意思表示すると、突然淳太くんから一線を引いた接し方をされる。『一緒にふたりで遊びませんか?』って言っても「今忙しくて時間ない」『いつなら空いてますか?』「向こう3ヶ月はちょっと厳しいかな」『お忙しいんですね…(そんなわけねえだろと思いながら)』みたいな。前は断らなかった誘いもやんわり(?)と断られるようになる。そんな拒否しなくたっていじゃん…いじいじ…。これは完全に好意を嫌がられてるなと感じて、もういいや、ってなって、好きになる前と同じように淳太くんに接するようにすると、淳太くんも普通に接してくれるようになる。『嫌いなわけじゃないけど、恋愛対象として好きなわけではないんだよ』ということを察する。好きとさえ言わせてくれない。好きって言わせて欲しィィィィィィィ。

ふだんいじられまくりなのに、こんなところで大人出してきやがる淳太くん。



しげ!

しげとはもともとすごく仲の良い友達がいい。下らない話とかばか笑いとかいっぱいするけど、いつの間にか『しげのこと好きかも…』って思い始めてしまいたい。
好きって思い始めても、友達の関係壊れるくらいならこのままでいいかな~って思ったりして怖くて何も出来ない。
うだうだしてると、ある日のみんなで遊んだ帰り道に、しげが家まで送ってくれて、いつもみたいに下らない話してたら、突然『あのな、○○と付き合うことになってん』って、言われる。○○ってわたしの親友パターンで。脳内で情報を処理しきれない。こんなに仲良いのにそことそこ出来てたの知らなかったよもう!親友の方からも聞いてねえぞ!ってなって、わたしひとりで勝手に片想いしてたというか、なんというか、すごく茅の外な感じに情けなくなる。
『おめでとう』って言いながら、気持ちを伝えることなくひっそり失恋。
しげ送ってくれてるけど、『もうここまでで大丈夫』って言って、途中からひとりで帰る。わたしの気持ちなんだったんだろうってなって、涙も出ない。

重岡のために泣いてやんねえからな!(妄想)


神ちゃん


みんなに分け隔てなく優しい神ちゃんとは、普通に友達で、すごく仲が良いわけではないけど、普通に話せるくらい。
わたしの、神ちゃんのこと好きっていうアピール、気付いてないのか、気付いた上でかわされているのか分からない感じがいい。そんな神ちゃんが見たい。
わたしのこと、好きって確信は持てないけど、嫌いではないと思うな~みたいな感じで、つまりやっぱり普通の友達。
もうちょっと神ちゃんの気持ちがはっきり分かったら好きって言おう、って思うけど、神ちゃんの優しさに触れる度に言いたい気持ちが抑えれなくなってくる!好きって言いたい!
不意にふたりになったときに『実は好きなんだ』って伝えたらびっくりした顔してニコッと笑って『ありがとう』って言って、『でもごめんな、そんなふうに見たことなかった』ってはっきり言ってくれる。それからと気まずくならず今まで通り接してくれる。失恋したけど、言って良かったって思わせてほしい!

普段真面目で不器用なのにこういうところだけスマートだったらかっこよすぎて爆発する。爆発したい。


濱ちゃん

みんなに優しい濱ちゃんだけど、でもわたしには特別優しい気がする、っていう感じ。これはいけるんじゃないかな…?みたいな。
一緒にいるときはよく笑うし、ふたりで会ったりもするし、遊びに誘えば断られない。もう告白しようかな~って思って、好きっていう気持ちをいつ伝えようか考える。ある日仲間内の複数人で遊んでいて、たまたまふたりになったときに『実は彼女出来てん。まだみんなには内緒な』って濱ちゃんに言われたい。不意をつかれて、え?ってなる。他に好きな子いたんだね、好きって言うタイミング逃した~、っていう失恋。

失恋させたくせに、まだみんなには秘密とか言ってこの期に及んで特別扱いするし、秘密だから失恋したこと友達にも言えなくて、帰り道にひとりで泣く。

濱ちゃんは無意識に女の子の気持ちを弄んでいてほしい。弄ばれたい。


長かった!以上です!
最後まで読んでくださった方がいらっしゃるかわかりませんが!



でもわたしは神ちゃんには失恋したくない。神ちゃんとは両想いになりたい。なんだそれ。ツインには失恋したい。


今日こそCD取りに行くぞ。

ちっちゃい妄想

最近した小さい妄想


リトラの蜂の巣駆除バイトの淳太くんがものすごくびびっていて、すごいびびってるなあって思っていた。いやほんとに怖いんだろうけど、すごいひびってるなあって思っていた。
『そんなに怖いならわたしがやってあげるのに』って思った。

『わたしがやりますよ』って言って怖がってる淳太くんを助けたい。「ごめん」って申し訳無さそうな顔する淳太くんに『誰でも得手不得手がありますからね』って言ってかっこつけたい。

誰目線の妄想やねんって感じですが、細かいことは考えていない。淳太くんにかっこつけたい。


神ちゃんと濱ちゃんとアクロバットしたい。

1発めぇのメイキング見てて、濱ちゃん神ちゃん間のアクロバットの打ち合わせがかっこよくて、二人にしか通じないアクロバットコミュニケーションあるのかなって思ったら『入れて入れて~!!!わたしも仲間に入れて~!!!』って思った。かっこいい!!入れて!!!

読んでくださっている方には(いらっしゃるのだろうか)今後生きていく上で全く必要の無い情報ですが、わたしは足が速い人とか運動神経がいい人が昔から好きです(小学生か)。なのでアクロバットなんて見せられたら!もう!!好き~!!!ってなっちまう。

クロバット出来たらすごい気持ち良さそう。



最近、コレサワさんの『あたしを彼女にしたいなら』っていう歌が可愛くて好き。

女子、ジョーキョー。

女子、ジョーキョー。

歌詞中に『あたしを彼女にしたいなら』って何度も出てくるんだけど、そこが頭の中で流れるたびに、「そんなこと言うてへんわ!」「誰がお前なんか彼女にするか!」ってニコニコ天使ちゃん・重岡くんに罵倒される妄想している。幼馴染み的な仲の良い女友達の目線で「しげに言ってない!」って言い返しながらも内心ちょっと傷つくっていう妄想している。





メンバーひとりひとりを同じシチュエーションに当てはめるがっつりした妄想も楽しいけど、散歩中に浮かんでくるようなライトな妄想でにやにやしている時間に心のゆとりを感じる。

皆さんはどういう妄想をされているのだろう。

丸山しゅうくん


少し前から突然ものすごく見たくなって、いろいろ落ち着いたら見ようと思っていた。なんかきっかけがあった気がするけどよく覚えてない。

『3年B組金八先生 第7シリーズ』

3年B組 金八先生 第7シリーズ1 [DVD]

3年B組 金八先生 第7シリーズ1 [DVD]

3年B組金八先生 DVD?BOX 第1シリーズ [DVD]

3年B組金八先生 DVD?BOX 第1シリーズ [DVD]


懐かしい。当時わたしは小学生高学年だったと思う。放送日の翌日はクラスの友達とあーだこーだ言ってた。

このドラマでは、Hey!Say!JUMP・八乙女光くん演じる丸山しゅうくんの家庭環境や薬物の問題が大きなテーマとして描かれている。他のクラスメイトの抱える問題もあるけど、丸山しゅうくんのテーマがやはりメインと言えると思う。


丸山しゅうくんの家庭環境や薬物の問題が絡む場面や話はすごく重たくて、何話も連続しては見れないけど、なんというか、すごく見応えがあった。



当時、八乙女光くんについての知識はほとんどなかった。薮宏太くんも他に出ていたジャニーズJr.の子もこのドラマで初めて見た。
この時点では特に興味を持たなかった。

演技の上手い下手は一般視聴者レベルでしか(もしくはそれ以下でしか)分からないけど、小6のわたしには結構ショッキングだった。すごいなこの人…っていうあほみたいな感想を持っていた。けど、ショッキングで、なんなら怖かった。




成人して数年経った今見返してみたら、より考えさせられる部分があったと思う。

今の八乙女光くんの姿形を知ってると、背がまだ小さくて、声変わりもしてなくて、可愛らしい印象。



面白かったけどすぐ『もう一回見たい!』ではなく、自分の心の引き出しにそっとしまっておきたい感じ。


恋愛要素も薄くあるけど、付き合うとか付き合わない、とか、告白するとかしない、とかじゃなくて、相手を思いやる気持ち、好きな人が苦しんでるときに何をしてあげられるか、っていう視点にむしろぐっときた気がする。

俺のことを信じてほしい、って好きな人に抱きしめられたら、いやそりゃ信じたいよなって、思った。舞子ちゃんすごく良かった。




先日セブンイレブンでHey!Say!JUMPのくじが引ける企画で、近所のセブンイレブンの入口に掛けられたHey!Say!JUMPの幕で笑ってる八乙女くん見たら、感情が混乱して脳内で整理出来なくて戸惑った。

金八先生に出ていたのは丸山しゅうくんだけど、セブンイレブンで見たのは八乙女光くん。


役者さんってすごいなって思った。


12月2日、このタイミングだったのも何かの縁かなということで、
お誕生日おめでとうございます。

わたしとジャニーズ


ジャニーズ。ジャニーズ。ジャニーズ。


私史が20年を超えたあたりからその世界に近付いてみた。近付いてしまった。

ちょお~っと気になるなあ~って思い始めて、Google先生YouTube先生の検索窓が開く限り暇を見つけては調べているうちに好きなってしまっていた。

いやでも、わたし、熱しやすく冷めやすいっていうか、飽き性なところあるし、このブームもすぐ終わる、持って3ヶ月ってところだろうな!

とかなんとか考えて出来るだけ早めにここから抜け出したいと思っていたのだが、自分に自己暗示にかけられなかった。しっかり好きになってしまった。

《好きって努力とは正反対だよね》って、彼の有名な少女漫画『僕等がいた』のヒロイン・高橋七美ちゃんが言ってたなって思うけど、ほんとその通りだなって、こんなところで実感している。


ジャニーズもいろいろあるってことを知ったのはジャニーズを好きになってからで、戸惑うこともそれなりにあったけど、やっぱりわたしはジャニーズが楽しいし、楽しみたい。


これまでの20年ちょいのわたしの人生の中で、ほとんどの間、ジャニーズにあんまり近づいたことがなかった。小学生や中学生の頃にNEWSや関ジャニ∞が好きな子はいたし、高校生の頃は嵐が好きな子もいたけど、わたしは普通に興味がなかった。普通に。

でも、中学生の頃《好きな男性芸能人》が誰かっていう会話が仲の良い友達の間で鉄板になり、わたしは円滑な友人関係のために好きな男性芸能人を捻り出した。当時は『NEWSの増田くん』って言っていた気がする。中学生の頃のこういうのって、友達とかぶっちゃだめみたいなのがあって、わたしだけの○○くん!というよりも、いろんなパターンがいないと話が膨らまない、面白くない、みたいな。別に誰に言われた訳でもないけど、なんとなーく気を遣って、〇〇ちゃんが●●くんっていうなら、わたしも!とは言えない…みたいな。無かったですかね。もしかしたらわたしの考えすぎだったかもしれませんが。つまりわたしの回りには当時『NEWSの増田くん』が一番好きって子はいなくて、なのでわたしがその枠をもらった感じだったかな。NEWS担様には大変失礼な話ですが、決してほんとにすっごいだいすきだったわけではなくて、便宜上『NEWSの増田くん』が好きなことにさせて頂いてました。失礼しました。
でも今全てのジャニーズタレントさんの中で一番ビジュアルが好きなのは増田さんです。とってもタイプな見た目。

そんなわたしが20歳になってジャニーズを好きになる。



本格的にジャニーズにはまったきっかけはまた別のグループだけど今はジャニーズWESTさんを贔屓に応援している。

無理をしない、マイペース、がわたしのヲタク活動の理念。
すっっっごい下らない妄想もする。


身の回りのことが一段落着いたので、ずっと興味があったはてなブログ始めてみます!


軽率に好きなので軽率な文章も書きますが、一緒に楽しんでくださる方がいたら嬉しいし、合わないなと思われる方がいたらそっとしておいていただけたらと思います。



はてなブログ ジャニーズカテゴリー界隈にお邪魔します!