読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーベリーシガレット

女子力は2次元ではなく3次元

雑記3本立て

※昨日夜挙げたぶんをちょっと直して再度挙げてるので初っぱなから時間がおかしいです。





最近考えてブログに書こうかなって思ってることをひとつひとつ書くとすごく短くなりそうなのでまとめて書こうかなと思い立った昼間。実行に移す夜。そう今!


1.重岡くんの呼び方の表記
2.ジャニヲタ用語
3.Twitterのアカウント

の3本立てでお送りします!





○重岡くんの呼び方の表記○

重岡くんのことを口に出して呼ぶときは「重岡くん」って言っているけど、表記するときは「しげ」って書いたりしている。(たぶん前の妄想記事でもそう書いた気がする)

でも「しげ」って自分でひらがな表記すると、しっくりくるようでしっくり来ない。

では「シゲ」はどうかというと、ぱっと見たらなんだかNEWSの加藤シゲアキさんが思い浮かぶ。

個人的には「重」が一番はまっているのだが、文章の中にこの文字だけがあってもたぶん重岡くんのことだとは思わない。

なんかいい表記ないかな~って感じっていう話。

たぶん「しげ」って使い続けるんだろうな。



○ジャニヲタ用語○

まだジャニーズの世界に入って日の浅いわたしなので、ジャニーズ文化への新鮮な驚きを昨日のことのように覚えている。

「担当」「現場」「遠征」

「担当」って人によって定義はいろいろだと思うけど、言葉自体が持つニュアンスに、ちょっと任務っぽいというか、責任を感じさせるものがあるのではないかと思っているし、そのように書かれているブログも何件か拝見したことがある。

また、ジャニーズアイドル実物を見に行く場所のことをおそらく「現場」って呼んでいると思うのだが、「現場」=工事??って思った。

あと、「現場」に行くために遠出することを「遠征」と呼ぶ。「遠征」=部活かよ??スポーツ選手かよ??って思った。

「担当」…任務、責任
「現場」…工事現場
「遠征」…部活、スポーツ選手

わたしの勝手な第一印象の上になりたっているものだが、

使われている言葉からジャニヲタってなんて男らしくて勇ましいんだろうと思った。そういう言葉で形成された文化まじ逞しいなって思った。

それこそ現場で見るジャニヲタの人たちはすごく可愛らしい女の子ばかりなのに、そのメンタルは荒波に向かって任務を全うする戦士のようだなと思った。

もちろん義務でジャニヲタをやっているわけではないと思うが、その勇ましい世界観嫌いじゃないと思った。(すべてわたしの勝手な前提による)



Twitterのアカウント○

ジャニーズWESTさん用のTwitterアカウントを作ろうかなと考えている。

持ってねえのかよって感じかも知れないが、そう、持っていない。

その経緯についてはぜひ説明させて頂きたいのだが、まず、ジャニーズを好きになった始まりがジャニーズWESTさんではなかったので、前に好きだったグループのアカウントは持っている。

そちらで2年くらい活動していたと思うが、諸事情あってだんだんそちらに意識が向かなくなって、ほどなくしてジャニーズWESTさんを好きになった。

なんというか、そのグループに意識が向かなくなるとそこでのお友だちともどのように関わればいいのかわからなくなってしまい、せっかく仲良くして頂いていたのに申し訳ないし、今でも仲良くしたいなあと思うけどなにせ共通項を失ってしまったので、いかんともしがたい。
噂には聞いていたが、噂通りの葛藤だった。


となると、ジャニーズWESTさん用のアカウントを作って仮にそこでお友だちが出来たとしても、また好きではなくなるときが来るのではないかと思うと怖くて、アカウントが作れない。

長かったがこれがわたしがジャニーズWESTさん用のアカウントを持っていない理由である。


でも好きって気持ちを誰かと共有したり、ジャニーズWESTの話で盛り上がったり、現場に一緒に行けたり、遠征のときにその土地の美味しいものを一緒に食べたり出来るような友達が欲しいなあ、と最近よく思う。

現場も割とひとりで行ける派だし、日程が合えば付き合ってくれる高校時代の同級生もいるが、その友達もジャニーズWESTが一番好きというわけでもなく、結局本当にわたしに付き合ってくれているだけである。

つまりなぜアカウントを作ろうか考えているかというと友達がほしいからで、でもTwitterを介することが絶対ではなくて、どなたか友達になってくださらないかなあと思っている。どうですかそこのあなた。


アカウント作ったとしてどうやってお友だち作っていたか忘れたし、どうしようかなあと思っている。タグするような感じでもないしな…(いじいじ)


皆さんやっぱりヲタク友達はTwitterで作られているのでしょうか。